トップページ社長の雑記帖 > 安積桑野75期会 葉書の同級会(Web版)

安積桑野75期会 葉書の同級会(Web版)

きらくや社長が福島県立安積高等学校の卒業同期生「安積桑野会」に向けて葉書で発行している豆新聞のWeb版です。いずれ、全号揃えます。

第121号−2017年5月25日発行 「第121号 読みやすくなったでしょうか?」
年末状第25号−2016年12月27日発行 「私の腎臓の数値は一進一退油断がならぬ。」
第120号−2016年12月9日発行 「第120号 同級生皆集まると病気自慢、くすり自慢。」
年末状第24号−2015年12月27日発行 「二宮和也主演「坊ちゃん」は正月三日夜九時放映。」
第119号−2015年11月10日発行 「第119号 安歴博ロケ「坊ちゃん」正月3日フジテレビ系。」
年末状第23号−2014年12月27日発行 「体調は回復して通常通り、年末に配信」
第118号−2014年9月9日発行 「祝安積高校130周年&安歴博再開。」
第117号−2014年7月20日発行 「体のあちこちが不調な中、元気な70歳を紹介」
年末状第22号−2014年1月20日発行 「病院で年越しだったので、年明け送信」
年末状第21号−2012年12月28日発行 「久々の外国旅行を除き、淡々とした一年でした。」
年末状第20号−2011年12月29日発行 「いろいろ有った一年。香典頂いた方にも送付。」
第114号−2010年12月30日発行 「 第114号 良い年をお迎え下さい。」
年末状第19号−2010年12月28日発行 「生かされている事をひしひし感じる今日この頃」
第113号−2010年10月1日発行「第113号 今年の夏は暑かったねぇ。」
第112号−2010年5月20日発行「第112号 同期の皆さまご利用感謝。」
年末状第18号−2009年12月28日発行 「本業の旅館業は青息吐息で生延びています」
第111号−2009年11月26日発行「第111号 同期生それぞれに会合されて、良い事で」
第109号−2009年09月25日発行「第109号 楽しかった同級会。」
第110号−2009年08月30日発行「第110号 安積OB美術展開催中、9月13日まで。」
第108号−2009年04月14日発行「第108号 原正夫市長二期目始動。」
年末状第17号−2008年12月28日発行 「倫理法人会早朝セミナー、ほぼ精勤賞」
第107号−2008年12月07日発行「第107号 津口信男校長との4年間その2。」
第106号−2008年12月07日発行「第106号 津口信男校長との4年間。」
第105号−2008年11月25日発行「第105号 安歴博保存のきっかけが判った。」
第104号−2008年07月15日発行「第104号 だいぶ、前号から間が空いてしまった。」
年末状第16号−2007年12月28日発行「本年は母校安積高に50回は通ったかなぁー」
第103号−2007年10月01日発行「第103号 安積歴史博物館でビッグフォーラム」
第102号−2007年04月21日発行「第102号 安積歴史博物館に理解を。」
年末状第15号−2006年12月28日発行「 skype なら kirakuya.jp で只電話できるよ」
第101号−2006年12月14日発行「第101号 桑野会もいよいよ国際化。」
第100号−2006年10月30日発行「第100号 記念号なのですがねぇ。」
第99号−2006年08月15日発行「暑い夏、お元気ですか!?」
第98号−2006年05月06日発行「米寿を迎えた高橋哲夫恩師。」
第97号−2006年04月03日発行「元気なうちに連絡先など葬儀の準備をせよ。」
第96号−2006年03月07日発行「安積歴史博物館の実態を理解しよう。」
第95号−2005年12月31日発行「いまや日本は強い女性の社会。」
年末状第14号−2005年12月28日発行「この日、母校安積2回目の花園ラグビー出場」
第94号−2005年11月24日発行「ラグビー福島県一。花園出場へ。」
第93号−2005年09月24日発行「無理せず、長生きして下さい。」
第92号−2005年08月30日発行「夏バテにはなりませんでしたか。」
第91号−2005年05月23日発行「はがき代を貰うとすぐ書きたくなる。」
第90号−2005年04月11日発行「皆様大変ご苦労様でした。」
第89号−2005年01月06日発行「退職後情報をお知らせ下さい。」
年末状第13号−2004年12月27日発行「女房からは見放され自立をやっと考える昨近」
第88号−2004年11月7日発行「今号は書きたい事一杯でこま切れ情報。」
第59号−1999年04月18日発行「第59号 今号、同窓生県議にも配布」
第58号−1999年03月06日発行「第58号 情報を共有するとほっとする」
第56号−1998年10月29日発行「第56号 あなたはどう考えますか」
第55号−1998年08月28日発行「第55号 近況報告、お手紙下さい。」
第54号−1998年04月04日発行「第54号 ネタが有れば何時でも発行」
第53号−1998年01月13日発行「第53号 帰郷の時、是非宿泊よろしく」
第52号−1997年11月11日発行「第52号 今号増刷りで同窓生配布」
第51号−1997年10月19日発行「第51号 又も人生色々、あり」
第50号−1997年08月04日発行「第50号 人生色々、あります」
第49号−1997年07月01日発行「第49号 INTERNET,やってますか」
第48号−1997年06月04日発行「第48号 自分の歯は何本残っていますか」
第47号−1997年05月03日発行「第47号 連休はいかがお過ごしですか」
第46号−1997年03月21日発行「第46号 健康な生活を送る習慣を」
第45号−1997年03月03日発行「第45号 単身赴任者の奥様手紙下さい」
第44号−1997年02月17日発行「第44号 同期会ダイジェスト報告」
第43号−1997年01月13日発行「第43号 5組運営の同期会で会おう」
第42号−1996年12月30日発行「第42号 良い新年をお迎え下さい」
第41号−1996年11月23日発行「第41号 家族で泊まりに来て下さい」
第39号−1996年07月23日発行「第39号 夏ばてしない体を作ろう」
第38号−1996年05月06日発行「第38号 連休はどの様に過ごしましたか」
第37号−1996年03月26日発行「第37号 美しく老いる人生を歩もう」
第36号−1996年02月09日発行「第36号 奥様の外助の功に感謝しよう」
第35号−1996年01月07日発行「第35号 本年もよろしくお願いいたします」
第34号−1995年12月16日発行「第34号 賀状は近況を詳しく記述よろ」
第33号−1995年11月16日発行「第33号 NIFTY:JAGO5765へ連絡OK」
第32号−1995年09月19日発行「第32号 村上啓正先生古希特集」
第31号−1995年09月09日発行「第31号 村上啓正先生古希」
第30号−1995年08月13日発行「第30号 ご先祖様を供養しましょう」
第29号−1995年07月08日発行「第29号 葉書の提供、感謝、感謝」
第28号−1995年05月25日発行「第28号 葉書の提供、感謝」
第27号−1995年04月15日発行「第27号 お便り、情報お寄せ下さい」
第26号−1995年04月09日発行「第26号 同期生、県議当選おめでとう」
第25号−1995年02月24日発行「第25号 年賀葉書掲載打ち止め」
第24号−1995年01月27日発行「第24号 阪神大震災!柳沼君の激励を」
第23号−1995年01月18日発行「第23号 年賀葉書掲載その2」
第22号−1995年01月16日発行「第22号 年賀葉書掲載その1」
第21号−1994年12月09日発行「第21号 よい年をお迎え下さい」
第20号−1994年10月20日発行「第20号 忘年会シーズン迄うご利用」
第19号−1994年09月20日発行「第19号 祝安積高校創立百十周年」
第18号−1994年08月20日発行「第18号 皆、奥さんだいじにしろよ」
第17号−1994年08月09日発行「第17号 祝安積高等学校創立百十周年」
第16号−1994年06月21日発行「第16号 会った時にはご批評下さい」
第15号−1994年06月19日発行「第15号 葉書を出す暇位、作れ」
第14号−1994年04月13日発行「第14号 求む葉書百枚提供者」
第13号−1994年02月26日発行「第13号 求む葉書百枚提供者」
第12号−1994年01月20日発行「第12号 仕事にもゆとりを」
第11号−1994年01月元旦発行「第11号 手紙を書く位のゆとりを持て」
第10号−1993年12月01日発行「第10号 皆、家庭に社会に頑張っているか」
第9号−1993年10月22日発行「第9号 おだてられるとすぐ発行」
第8号−1993年09月17日発行「第8号 手紙が来れば随時出せる」
第7号−1993年07月03日発行「第7号 気まぐれ不定期刊だが次は8月末」
第6号−1993年06月20日発行「第6号 気まぐれ不定期刊」
第5号−1993年04月12日発行「第5号 気まぐれ不定期刊」
第4号−1993年02月14日発行「第4号 気まぐれ不定期刊」
第3号−1992年11月14日発行「第三号 気まぐれ不定期刊」
第2号−1992年08月06日発行「第二号 不定期刊」
第1号−1992年06月28日発行「第一号」